再生医療とは

年齢とともに減少する幹細胞を補充することで、体の再生力を高める最先端の医療です。

2012年、京都大学の山中伸弥教授が、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、「再生医療」や「幹細胞」の名称が広く一般にも知られるようになりました。

iPS細胞とは、皮膚細胞にある遺伝子を導入することで人工的に生み出された、あらゆる組織や臓器のもとにもなる夢のような多能性幹細胞です。
しかしながら、細胞のガン化問題などを抱え、実用化には相当高いハードルが存在しています。

そんなふうに聞くと、幹細胞による再生医療の実現は、まだまだ遠い未来のように感じられるかもしれませんね。

しかし実は、iPS細胞のような特殊なものばかりが幹細胞ではありません。
幹細胞はもともと私たちの体に常に存在し、生命維持になくてはならないものなのです。

そして、そんな身近な幹細胞が、今、再生医療の主役となっています。

【幹細胞とは?】

私たちの体は、およそ200種類、37兆個の細胞で構成されています。
その37兆個の細胞の源泉となるのが、幹細胞(Stem Cell)です。

「幹」という漢字が使われている通り、幹細胞は、木の幹のようにいくつも枝分かれして、体のあらゆる組織や臓器を形づくる細胞に分化する能力(分化能)と、同じ能力をもった幹細胞に分裂する能力(自己複製能)を備えています。

私たちが切り傷を負ったり、骨折したりしても治るのは、幹細胞が皮膚や骨になる細胞をつくり出しているおかげなのです。

再生医療とは、この幹細胞を体内に補充することで、人間の再生能力を最大限まで高め、病気や事故、老化などで失われたり傷ついたりした組織や臓器を再生させ、回復に導く最先端の医療です。

【幹細胞は、新生児期をピークにどんどん減少】

幹細胞の寿命は120年といわれています。
これが、理論上「人間は120歳まで生きられる」とされている所以です。

しかし、幹細胞から分化した細胞の中には、寿命が短いものもあります。
例えば、皮膚細胞の細胞分裂はおよそ60回ほどで、寿命は1ヶ月程度です。

寿命を迎えた細胞は死に、その代わり新しい細胞が生まれます。
それを担うのが、私たちの体内に存在する幹細胞で、自己複製と新しい細胞への分化を行いながら、死滅した細胞を補います。

ところが、ここに1つ大きな問題があります。

それは、幹細胞は胎児・新生児の時期が最も多く、以降、年齢とともにどんどん減少していくということ。

どれくらい減少するかというと、新生児期の幹細胞の量を100%とすると、18歳で10分の1に減少。
40歳で25分の1、50歳で40分の1、80歳にもなるとわずか200分の1まで減少してしまうのです。

Grabowski, G. and Robertson, R.N., 2013. Bone allograft with mesenchy- mal stem cells:
 a critical review of the literature. Hard Tissue, 2(2), p.20.

子どもはケガをしてもすぐに治ってしまいますが、これは、ひとえに幹細胞がたくさんあるおかげ。
赤ちゃんの肌がぷりぷりしてみずみずしいのも、幹細胞の数が多いからなのです。

つまり老化とは、細胞の死滅に対して、幹細胞による細胞供給や幹細胞自身の分裂が追いつかなくなるということ。

細胞の再生や修復が遅れるので、歳を取ると命に関わるような病気にかかりやすくなるのです。

しかし、近年の医療技術の発達により、体内に幹細胞を安全に導入することができるようになりました。

幹細胞が減った分は、補充すればいい。
それが、現在の再生医療の主流である
幹細胞補充療法です。

年齢と共に減少してしまう幹細胞を補い、若返りだけでなく、体の傷ついた組織を修復、病気予防や治療をめざすのが、再生医療なのです。

【幹細胞の種類】

幹細胞はその由来や能力などから、主に3つの種類に分けられます。

1. ES細胞(胚性幹細胞)

受精後、5 ~7日程度経過したヒト胚の一部から取り出された細胞を、特殊な条件下で培養して得られる幹細胞。

ほぼすべての組織に分化するうえ、ほとんど無限に増殖するという高い増殖能力をもつため、万能細胞といわれています。

しかしながら、ES細胞を培養するということは、人間の命の芽生えである受精卵を犠牲にすることになるため、倫理的問題が指摘されています。
さらに、移植の際の拒絶反応や、無限に増殖するためガン化するリスクも課題です。

2. 成体幹細胞(体性幹細胞、組織幹細胞)

私たちの体の組織に存在し、ある程度の多分化能をもち、損傷を受けた組織や臓器の修復をする役割を果たしています。

成体幹細胞には、血液細胞に分化する「造血幹細胞」や、神経細胞に分化する「神経幹細胞」、骨や血管、心筋、軟骨、脂肪などに分化する「間葉系幹細胞」などがあります。

なかでも、切り傷や骨折が治す役割を担う「間葉系幹細胞」は、安全性と効果、培養のしやすさなどの面から、再生医療の本命となっています。

3. iPS細胞(人工多能性幹細胞)

2006年、京都大学の山中伸弥教授が、マウスを使った実験で人工的にES細胞に似た多能性幹細胞をつくり出すことに成功しました。
翌2007年には、ヒトの細胞を用いたiPS細胞の培養にも成功。

ES細胞のような倫理的問題がないことから、世界の注目を集めました。
日本でも国威信をかけて研究が進められてきましたが、ガン化のリスクやコスト面から再生医療への応用が難しく、実際に普及するには大きな課題が残っています。

幹細胞の種類ES細胞成体幹細胞iPS細胞
由来受精卵の胚体内に存在体細胞から人工的に作成
細胞への多能分化性は?
倫理問題は?×
拒絶反応は?
医療上の問題点は?ガン化する可能性がある増殖・活性化を維持するのに高度な技術が必要ガン化する可能性がある

【再生医療の主役「間葉系幹細胞」とは】

成体幹細胞の中でも、「間葉系幹細胞(Mesenchymal Stem Cell=MSC)」が、再生医療の主役だというお話をしました。

「間葉系幹細胞」は、骨、軟骨、リンパ系、循環器系、脂肪などの結合組織(間葉細胞)を構成する細胞細胞へ分化する能力をもった幹細胞です。

間葉系幹細胞は,骨髄脂肪胎盤臍帯(さいたい)歯髄など、さまざまな組織から取得することができます。

再生医療では、

自分の脂肪や骨髄などから採取した幹細胞(自家細胞)を培養し、自分の体内へ戻す方法

他人の骨髄や臍帯、脂肪、歯髄から採取した幹細胞(他家細胞)を培養し、患者の体に入れる方法

が取られています。

自家細胞は、カスタムメイドの培養となるため費用が高くつく、自分の細胞を培養するため細胞自体が古くて再生能力が低い、という面があります。

一方、他家(たか)細胞は、ある程度の量産が可能なためコストが安く、自分より若いドナー(提供者)から提供された再生能力の高い幹細胞を使うことが可能です。

もちろん他人の幹細胞を体内に入れることになるため、拒絶原体がなく、安全性が確立されたものを使うことが大前提となります。

残念ながら日本では他家細胞を使った再生医療は認められていません。
自家細胞を
使った治療も非常に限定的です。

ですが、ここマレーシアでは、他家細胞による再生医療が法的に認められており、高い治療効果を上げています。

【幹細胞・再生医療の効果】

再生医療が注目を集める理由は、従来の外科手術や医薬品では治療が困難な病気やケガを治せる可能性があると考えられているからです。

例えば、脳梗塞や脊髄損傷、重症心不全、肝硬変、パーキンソン病、クローン病などなど……

再生医療では、幹細胞を患者に移植し、幹細胞の力でまさに細胞レベルからの再生、治療をを行います。

つまり、幹細胞そのものが薬になるというわけです。

従来の医薬品が非常に厳しい規制のもとで製造されているように、再生医療の主役である幹細胞の製造(培養)も、厳密な管理と安全性が求められます。

マレーシアでは、骨髄由来、臍帯由来、脂肪由来、歯髄由来など、さまざまな間葉系幹細胞を使った治療を受けることができます。

なかでも、骨髄由来の間葉系幹細胞(以下、骨髄幹細胞)は、再生能力がずば抜けて高いのが特徴です。

骨髄幹細胞は非常にプリミティブ(原始的)な細胞ため、拒絶原体がなく、拒絶反応が起こりません。

さらに、本ウェブサイトでご紹介する骨髄幹細胞「KINTARO Cells®︎(金太郎細胞®︎)」は、

◎20代の若いドナーから提供された、再生能力の高い骨髄幹細胞を使用
◎シングルドナーで提供元が明らか
◎日本の製造元が開発した特許技術を使い、医薬品製造のためのクリーンルームで培養
◎東京医科大学 医学総合研究所と共同研究。同大学にて3ヶ月ごとのクオリティ検査を実施

しているのも、大きなポイントです。

・他の幹細胞と比較した骨髄幹細胞の効果は?
・安全性は?
・なぜ拒絶反応がないのか?
・ドナーへの負担は?
などについては、今後「トピックス」にて詳しくご紹介していきたいと思います。

世界最先端の再生医療の世界へようこそ。
いつかマレーシアで骨髄幹細胞による再生医療を、あなたも受けてみませんか?